« 2006年4月 | トップページ

ご挨拶

昨年、
”他者との共同生活が自分に何をもたらすか
それが悟達に近づくことになるのか
わからないが、精一杯やってみようと思う”
と書きましたが、家族を持つという重さがわかっていなかったようです
1年書き込まなかったのは
ここに書く気力を、同棲・結婚という目的に使いたかったからで
結婚式が終わって落ち着いたら、こちらに書き始めるつもりでした。
新しい経験を加えて、自分がより大きくなるかという期待がありました

平均寿命の半ばを越え、自分の人生をまとめ始めるつもりで
ここへ書き込んでいました
残日録というネーミングはその為でした
ですが・・・

先に書いた人生の目標の為に集めていた資料、蔵書を全て捨てることにしました
おそらく青年時の夢はあきらめるしかないでしょう
残りの人生のなかで、新しい夢ができたら
若しくは、ここに来る気力が萎えてしまったら
もう一度エントリーさせていただきます
それまでは、また失礼させていただきます

| | コメント (15) | トラックバック (2)

« 2006年4月 | トップページ