« 2005年11月 | トップページ | 2006年4月 »

門灯

原付を修理に出している間、30分以上の徒歩と電車、バスと乗り継いで通勤していた。
仕事を終えて駅から家に歩いていると、街灯のある広い路は明るいが、少し狭い路に入ると真っ暗だということを知る。
小学校の横も通る。朝は小学生で溢れていた。
OLも女子高生も通る。
果たしてこの路で、犯罪防止や救難、犯罪者目撃は可能なんだろうか。
住宅地である。路の左右は人家なのだ。
大声を出せば助け手は現れるかもしれない。しかし、とっさの恐怖にその大声を出せる余裕があるとは思えない。
人家の扉が数歩さきにあるというというのに安心感が生まれない。
それどころか人家が暗闇を作り出す。

和歌山にいた頃には、ほとんどの家やアパートには門灯・玄関灯があった。
それはおそらく夜の訪問者や緊急電報に備えてのことだっただろうが、同時に夜道を照らす町内の共同体意識もあると思う。
そこに家がある、知り合いがいるという安心感があった。
夕刻になると部屋よりも真っ先に門灯に電気をつけることは子供の頃の習慣として親に教えられた。
定年ゴジラ」に、通勤がなくなって玄関灯が切れていることに気づかないという話があったから、その頃まではまだ習慣としてあったのだろう。


20年たった茨木のこの路では、お店は、それでも明かりのついたものが多いが、民家・アパートは10件に1件ないだろう。
帰宅の遅い一人暮らしならまだしも、主婦や子供のいそうな一軒家、戦前から建ってそうな農家造りの家ですらだ。
街灯が増えてゆくなかで、門灯・玄関灯が消えてゆく。人々の意識の変化をみるおもいがした。
公共というのは役所や警察、学校だけのことだろうか。
自分たちが周囲に背を向けながら、誰か担当者を捜してなんとかしろという。
監視カメラを付け、セキュリティサービスと契約して。それで全てをカバーできるというのだろうか。

瀬戸さんの問いかけに直接答えることはまだしばらくできそうにないが
少し関連付けての話題を提供できたであろうか

| | コメント (3) | トラックバック (0)

阿呆か

診療報酬引き下げのニュース
NHKによると医療機関側に努力が求められるだそうだが
努力の意味をご存じか?
どの会社でもそうだろうが、ベテラン社員は給料が高い
あたりまえであろう。

診療報酬がカットされれば、
件数を増やして給料を維持するか、
給料のより少ない研修医や若い医師・看護師を増やし、ベテランのクビを切るか
件数なんて簡単に増えないし、病院によっては限界までうけていて3時間待って5分診療なんだから
政府として後者を推し薦めていると考えていいだろう

技術職に於いて、要所要所にベテランを置くことができないとなれば
事故が増えることは当然の結論であろう
個人診療所はまだ院長の目が届くだろうが、大学や総合病院は益々危険になるだろう
怖い

| | コメント (0) | トラックバック (1)

みんぱく

職場に、国立民族学博物館よりパンフレットが届く。
年末年始の展示インベントが干支にちなんで「いぬ」ということで、待合いに置いて来客に配って欲しいらしい。
面白そうな企画だが、12月28日〜1月4日は休館。だめじゃん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表現の自由の侵害でしょうね

瀬戸智子さんのHPによると
5月に「もって他山の石と」で取り上げた男が立川反戦ビラ訴訟で有罪になったらしい。
私は他の方と違って、「家族の危険について」で書いたように、事件は弱い者いじめやストーキングの類であり、
彼個人に対する嫌悪感はあれ同情の念はひとかけらもないが、判決には困ったものだと思う。
無罪とした一審は私には妥当な判断だと思える。
まっとうな感覚と表現の自由」と書かれたstandpoint1989 さんや「被告人は「無罪」」と書かれた nagoyanさんのご意見がまともな感覚の持ち主であれば支持できよう。
腹は立つが、個人で締め上げても、裁判では有罪にしてはいけない。
今回の判例がもたらすものは小さくない。
公権力による表現の自由への挑戦の一つであり、これを足がかりにして更にひどいものが来るという主張に賛成する。


余談だが、チラシ配りをやめさせたいなら、外で抗議するのではなく、
家に引き入れてから説教することをお勧めする。
ドアに鍵をかけて数人で取り囲むがよろしかろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年4月 »