« 幼稚至極 | トップページ | 表現の自由の侵害でしょうね »

今から誰を入れるのか

国立追悼施設について木走氏がエントリーされている
130人もの議員さんが賛同されているというからには、今後も具体的な活動が続くのだろうが
私としては、ごく単純な疑問として、いったい誰を入れようというのかがわからない
靖国が、日本にナショナリズムをつくる手段として用意され、軍人・軍属他、明治国家に貢献した人をまつり
幕府方戦没者は清水次郎長や榎本によりまつられたことは以前書いた。
いまさらに戦没者追悼を口にする以上、その目的と入る人を具体的に説明して欲しい。
あたりまえのことだが、本人・遺族の承諾なしに追悼することはしてほしくない。
靖国関連裁判の幾つかは、遺族の宗教的その他の信条により、勝手な祭祀をやめて欲しいというものである。
無宗教だろうが、この点は全くかわらないはずだ。
過去にさかのぼった追悼は遺族一人一人に確認してからおこなうのだろうか、
遺族の生存していない人、確認しようのない人はどうするのか
それとも、既に一体となられているので分祀不可能として、確認なしに靖国の名簿全員の移動か転載を強行するのだろうか。
私は、祖父を一族の氏の神として累代の墓に祭祀したいので、これ以上一族の外に持ち出され利用されたくはない
もし強行されるおつもりなら、反対署名、裁判その他の運動をおこさせていただく。

過去の殉難者は靖国にまかせて
今後の戦没者、平成殉難者を追悼するということであれば
つまりは殉難者の増加が予想される事態を想定する必要とする
今後普通に戦争をする国にしようというウヨク活動の一つとして理解すればいいのだろうか。
自分の遺言状に、追悼施設での追悼拒否を書けばいいのだろうか。
未来も個人の意志とは無関係に追悼するので、そのような書類は無効と仰るのだろうか。
殉職自衛隊員及び公務員のみに限るなどの制限項目をつけるから、そのような不安は無用というのだろうか。

聞こえはいいかもしれないが、具体的なことをちょっと考えると
だいの大人がなに暇にあかせて遊んでやがるとしか思えない。

|

« 幼稚至極 | トップページ | 表現の自由の侵害でしょうね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41893/7053453

この記事へのトラックバック一覧です: 今から誰を入れるのか:

« 幼稚至極 | トップページ | 表現の自由の侵害でしょうね »