« たまには着物の話も | トップページ | コマーシャル »

自民圧勝の結果を、自民党の危機だと感じている人は何人いるだろう。


田中角栄首相のあと、日本の政治は調整型の人間が担ってきた。私の世代までの国民は、政治離れだと呼ばれながら、投票率の低下という形でそれを支持してきた。
中曽根首相や竹下首相がそのいい例だろう。
共産党や社会党すら、革命路線を捨て、インターナショナルな運動から離れて、国内問題しか論じない、守ることばかり主張して、とうとう立憲君主制の変形である日本国憲法を守るなどという、マルクスが聞いたら破門状を出しそうなふざけたことを口にする。
リベラルだとか良識というのは、要するに、出過ぎた部分を批判し、調整しながら現状を維持してゆくことを支持することである。
ロッキードショックとでも云おうか、高度成長期の終焉と云おうか、破天荒な政治家、実業家が出なくなる。
自分自身を鑑みての話だが、ニヒリズムをその根底に見る。

しかし、昭和40年代以降に生まれた連中は、はっきりしたことを求める。礼儀正しく、シニカルに世の中を見ずに、本気で日本が変わることを考えている。

余談であるが、右傾化と呼ぶのは変化を読めない頭の悪い連中で、左翼思想方向にも、はっきりとした物言いで運動している若者は多い。彼らをまとめて拾い上げ、一つの方向を示すことのできる思想家、政治家がまだ出ていないだけである。先日もテレビで「絶対に崩れない平和、恒久の平和を求める」という発言をした若者がいた。
調整型の左翼論者、ダブルスタンダードが露わになった連中が退陣してゆくこれからが、平和運動、左翼運動の未来がみえる時代だと思う。私はもう懲りたので支持しないが。

かっておタカさん旋風が吹いたとき、日本社会党はそれを結党以来の危機だと思わず、政権交代のための戦略を練るどころか、野党第一党として安定させようという動きにでてしまった。党内抗争で主流派が主導権を取り、おタカさんを上に祭り上げ、党名変更だとか自民党と組んでの小選挙区比例制導入にうつつを抜かす。今の7議席は風(国民の要求)に乗り損ねて落下した結果だ。

日本新党も、新進党も、風は一度しか吹かなかった。唯一の機会を捕まえて、更に上にあがろうとしなかった連中はことごとく地面に叩きつけられた。

民主党も前回の圧勝の直後に、政権交代を掲げて、次々政策や未来像を示し、自民党を攻めたて、それが次の選挙に、若しくは○年以内に実現できなかったら総退陣するとしてゆけば風に乗って更に上にあがったかもしれない。岡田民主党党首の日本を変えるという発言は正解だったと思うが、自民党が仕掛けた選挙が始まってからでは時期が遅すぎた。今度の敗北は下手すると、党が割れる可能性を含んでいる。鳩山やジャスコのような誰もが安心してタカれる資金力を示せる候補者がいれば大丈夫かもしれないが。

いつもどこかの政党が予想以上に躍進し、次の選挙で惨敗する。平成の選挙はその繰り返しである。民意は一つの方向を向いているのではなく、大きな流れになりたくて、氾濫する河川のように右に左に大きくうねっているように思う。いつか堤を壊してしまうように思う。それがどこかは頭の悪い私にはまだ見えない。

田中角栄首相のように、内にはひとに数倍する気配りをみせながら、一つの方向に向かってブルドーザーのように周囲を突き崩しながら前進するする政治家が、ずっと求められているのではないか。そう思い続けている。
日本が変わる予感はしている。

私は小泉首相の政策には賛成していないが、彼が危機意識を持つ数少ない一人であろうとは認めている。
次々に新しい目標を掲げて国民の気持ちを離さないままここに至る彼の手腕は、まれにみる好人物だが時代を読んだり、芯の通った生き方を示して時代を自分に引き込むことができない自派閥領袖や、受け身しかとれない野党第一党党首との力量の差を見せつける。
郵政民営化は首相の悲願だが、そればかりみてマスコミが油断していると、時期をみて隠し玉をまた打ち上げてくると思う。そうでなければ自身もまた地面に叩きつけられて無惨な屍をさらすことになると承知しているだろう。
独裁だのなんだの批判している連中は、彼が変人を表看板にしながら、内実は中曽根元首相に匹敵する風見鶏、民意を汲む力の持ち主だということを忘れている。
新しい政策をぶちあげては担当者を置き、国民受けする過激な発言をさせておき、時期を見て担当者ごと政策を置き去りにする。小泉政権の歴史はその繰り返しである。
安倍晋三氏にばかり目を向けていると、ポスト小泉を見逃すよ。

|

« たまには着物の話も | トップページ | コマーシャル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41893/5919812

この記事へのトラックバック一覧です: :

» 本日は衆議院議員総選挙 [俺は西なのか、酉なのか]
 自由民主党と民社党の2大政党の対決だとか、争点は郵政民営化だとか・それだけじゃ [続きを読む]

受信: 9月 13, 2005 02:59

» 改革ファシズムを止めるブロガー同盟 [隅田清次郎残日録]
「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」というblogがあることを、PUBLICI [続きを読む]

受信: 10月 07, 2005 02:01

« たまには着物の話も | トップページ | コマーシャル »