« エロオヤジの呟き | トップページ | NHK「清左衛門残日録」DVD-BOX »

接着剤が足りない

映画「NANA」を観ました。
少女漫画は「月刊プリンセス」が中心で、「ボニータ」はあしべゆうほさんで、「リボン」は楠圭さんで読むくらいなので、矢沢あいさんは全く知りません。だから原作がどうだかはわからないまま、話題に乗っただけです。
面白い個性を持った新人さんたちが、一生懸命がんばってるなぁ、とは思います。
脚本も、ちょっとしたシーンや科白が効いていて、場面場面が意味のあるつながりかたで、映画という短い時間の物語にするために過去形にして、必要な省略や配置換えをして今も続く原作にまとまりを与えたのだろうと想像できます。
惜しむらくは、監督が雪国を知らないためか、衣装や小道具に、雪国の人間の生活感や、逆に東京の映像を観てのコンプレックスや雪国らしさに対する反発から、突っ張ったちぐはぐさがみえてこない。札幌の街を歩くと、手袋やマフラー、コートを身につけながら、ミニの薄着にヒールのある可愛いパンプスで雪道を闊歩するお嬢さんをよく見掛けました。男は突っ張ったふりをしても、防寒はしっかり考えています。「そうさ死んでも春の服を着るよ」という歌をよく口ずさんだものです。部屋はしっかり暖房する。春の服で死なない為には、外に出る前に汗が出そうなくらい体を暖める必要がある。というような、ちょっとした雰囲気作りがあればよかったと思います。
それと、ライブとコンサートの違いが強調されればよかったかも。ライブを綺麗に撮りすぎている気がします。
まぁ、自分としては満足できた映画です。

さて、最後に悪口をば。
成宮寛貴さんは、うまい役者なんでしょうが、自分一人で演技しすぎて、次々と映画やテレビドラマを壊しているようにみえます。彼のうまさはどの作品でもよくわかります。しかし、共演者の下手さがいつもめだってしまう、今回は脇役なのに、彼が演技をする度に、彼に目がいってしまう。ベテランたちの間に食い込んでゆく必要のある舞台じゃないんだぜ、まだ経験の浅い共演者たちをちゃんと気遣ってんのかこいつは、と腹を立てて彼の演技をみていました。
芝居はお互いの演技のキャッチボール、共演者の個性をうまく受け止めながら自分も存在感を出してゆく。実力の伯仲した役者同士のライブなら、物語を少し壊すくらいの個性のぶつかりは却って面白さを増しますが、映画やドラマは破綻しない気遣いが要求されると思います。成宮さんは、それができるくらいの経験を持っているはずです。

|

« エロオヤジの呟き | トップページ | NHK「清左衛門残日録」DVD-BOX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41893/6058495

この記事へのトラックバック一覧です: 接着剤が足りない:

« エロオヤジの呟き | トップページ | NHK「清左衛門残日録」DVD-BOX »