« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

NHK「清左衛門残日録」DVD-BOX

ここの名前の由来となった藤沢周平「三屋清左衛門残日録」のNHKドラマが届く。
割と原作に近い作品だったと記憶していたが、改めてみると仲代達矢が枯れていないことに驚く。
佐藤慶、森繁久彌、久米明。俳優としての気迫であろうか。いや皆さん若い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

接着剤が足りない

映画「NANA」を観ました。
少女漫画は「月刊プリンセス」が中心で、「ボニータ」はあしべゆうほさんで、「リボン」は楠圭さんで読むくらいなので、矢沢あいさんは全く知りません。だから原作がどうだかはわからないまま、話題に乗っただけです。
面白い個性を持った新人さんたちが、一生懸命がんばってるなぁ、とは思います。
脚本も、ちょっとしたシーンや科白が効いていて、場面場面が意味のあるつながりかたで、映画という短い時間の物語にするために過去形にして、必要な省略や配置換えをして今も続く原作にまとまりを与えたのだろうと想像できます。
惜しむらくは、監督が雪国を知らないためか、衣装や小道具に、雪国の人間の生活感や、逆に東京の映像を観てのコンプレックスや雪国らしさに対する反発から、突っ張ったちぐはぐさがみえてこない。札幌の街を歩くと、手袋やマフラー、コートを身につけながら、ミニの薄着にヒールのある可愛いパンプスで雪道を闊歩するお嬢さんをよく見掛けました。男は突っ張ったふりをしても、防寒はしっかり考えています。「そうさ死んでも春の服を着るよ」という歌をよく口ずさんだものです。部屋はしっかり暖房する。春の服で死なない為には、外に出る前に汗が出そうなくらい体を暖める必要がある。というような、ちょっとした雰囲気作りがあればよかったと思います。
それと、ライブとコンサートの違いが強調されればよかったかも。ライブを綺麗に撮りすぎている気がします。
まぁ、自分としては満足できた映画です。

さて、最後に悪口をば。
成宮寛貴さんは、うまい役者なんでしょうが、自分一人で演技しすぎて、次々と映画やテレビドラマを壊しているようにみえます。彼のうまさはどの作品でもよくわかります。しかし、共演者の下手さがいつもめだってしまう、今回は脇役なのに、彼が演技をする度に、彼に目がいってしまう。ベテランたちの間に食い込んでゆく必要のある舞台じゃないんだぜ、まだ経験の浅い共演者たちをちゃんと気遣ってんのかこいつは、と腹を立てて彼の演技をみていました。
芝居はお互いの演技のキャッチボール、共演者の個性をうまく受け止めながら自分も存在感を出してゆく。実力の伯仲した役者同士のライブなら、物語を少し壊すくらいの個性のぶつかりは却って面白さを増しますが、映画やドラマは破綻しない気遣いが要求されると思います。成宮さんは、それができるくらいの経験を持っているはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エロオヤジの呟き

李紅竜と並ぶ初期代表作のDVD「キカイダー01」BOXが届く。
悦ちゃんの初々しいミニ姿を今夜じっくり楽しもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毒薬の選択は専門家にご相談を

ホウ酸団子はスーパーでも売っているゴクブリ駆除薬だが、これを食べて中毒を起こすワンコが絶えない。
スプレー式の殺虫剤を台所の床にまいたり、蚊が多いからと、ワンコのいる場所に噴霧する人もいる。
ネズミ駆除薬の多くは、一袋でワンコの命も奪う。

特にホウ酸は劇薬指定も毒薬指定もなく、昔の人は洗眼液として使っていたので気楽に買ってしまう。
「ホウ酸 中毒」で検索してほしい。

例えば福岡県薬剤師会のHP http://www.jp-info.com/fukuyakuqa/qa01/qa01_53.htm
20kg30kgある小児での死亡率が60%である。犬に例えれば秋田やラブラドールレトリバークラスだ。こういう薬は体表面積や体重により危険度が決まる。小型犬だと5倍の濃度になるから・・・
”不可逆的な組織障害を起こし”とある不可逆的という言葉は、治療しても元に戻らない、治らないという意味である。

幸い、自家製でなければ、濃度も低く、プラスチックケースに入っていて、誤食後すぐに飼い主が気付いて動物病院に運ばれるケースが圧倒的で、死亡例には出会っていない。
ゴキブリには、フィプロニルという苦くて犬には毒性の低い駆除薬が販売されている。ココココココ。自然分解しにくいらしく、今後環境問題としてあげられるかもしれないが、ホウ酸に比べれば安心度は桁違いである。

ネズミ駆除剤では、ワルファリン、クマリン、クマテトラリルなどと書かれたものは、ペット・小児のいる家庭では禁忌だと思う。町内会で配ってきても受け取ってはいけない。現在の日本でネズミの害などたかがしれている。命と近所つきあいとどっちが大事かと、隅田という獣医師がが云っていた、文句あるならここに云えと云ってくれていい。
ドーベルマンでも中毒を起こして、血が止まりにくくなった例を経験している。幸いすぐに吐かせたのと拮抗薬があったために死亡には至らなかった。
殺鼠剤としてはシリロシドという薬は催吐作用が強く、齧歯類以外は中毒を起こしにくいという。だから安全とは云いきれないだろうが、ハムスターやウサギなどの飼い主以外はこちらを選ばれたほうがいい。

有機燐剤、カーバメート、ピレスロイドなどは殺虫剤、防虫剤として広く使われている。比較的安全なものもあるが、無害ではないので、濃度と動物の体重で中毒の可能性がでることもある。

このエントリーは、要は何でも獣医師に相談してくれ、ということだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コマーシャル

大阪府では動物愛護週間の9月24日に海遊館でイベントをおこないます。
お時間のあるかたは、天保山登山がてらいってみてください。
時間は14:00〜17:00です。
詳しくは、大阪府内の動物病院にあるパンフレットをご覧いただくか、大阪府の動物愛護畜産課にお問い合わせください。


たまには仕事の話もあげときまっさ
ちなみに私は仕事でいけないと思います

| | コメント (2) | トラックバック (3)

自民圧勝の結果を、自民党の危機だと感じている人は何人いるだろう。


田中角栄首相のあと、日本の政治は調整型の人間が担ってきた。私の世代までの国民は、政治離れだと呼ばれながら、投票率の低下という形でそれを支持してきた。
中曽根首相や竹下首相がそのいい例だろう。
共産党や社会党すら、革命路線を捨て、インターナショナルな運動から離れて、国内問題しか論じない、守ることばかり主張して、とうとう立憲君主制の変形である日本国憲法を守るなどという、マルクスが聞いたら破門状を出しそうなふざけたことを口にする。
リベラルだとか良識というのは、要するに、出過ぎた部分を批判し、調整しながら現状を維持してゆくことを支持することである。
ロッキードショックとでも云おうか、高度成長期の終焉と云おうか、破天荒な政治家、実業家が出なくなる。
自分自身を鑑みての話だが、ニヒリズムをその根底に見る。

しかし、昭和40年代以降に生まれた連中は、はっきりしたことを求める。礼儀正しく、シニカルに世の中を見ずに、本気で日本が変わることを考えている。

余談であるが、右傾化と呼ぶのは変化を読めない頭の悪い連中で、左翼思想方向にも、はっきりとした物言いで運動している若者は多い。彼らをまとめて拾い上げ、一つの方向を示すことのできる思想家、政治家がまだ出ていないだけである。先日もテレビで「絶対に崩れない平和、恒久の平和を求める」という発言をした若者がいた。
調整型の左翼論者、ダブルスタンダードが露わになった連中が退陣してゆくこれからが、平和運動、左翼運動の未来がみえる時代だと思う。私はもう懲りたので支持しないが。

かっておタカさん旋風が吹いたとき、日本社会党はそれを結党以来の危機だと思わず、政権交代のための戦略を練るどころか、野党第一党として安定させようという動きにでてしまった。党内抗争で主流派が主導権を取り、おタカさんを上に祭り上げ、党名変更だとか自民党と組んでの小選挙区比例制導入にうつつを抜かす。今の7議席は風(国民の要求)に乗り損ねて落下した結果だ。

日本新党も、新進党も、風は一度しか吹かなかった。唯一の機会を捕まえて、更に上にあがろうとしなかった連中はことごとく地面に叩きつけられた。

民主党も前回の圧勝の直後に、政権交代を掲げて、次々政策や未来像を示し、自民党を攻めたて、それが次の選挙に、若しくは○年以内に実現できなかったら総退陣するとしてゆけば風に乗って更に上にあがったかもしれない。岡田民主党党首の日本を変えるという発言は正解だったと思うが、自民党が仕掛けた選挙が始まってからでは時期が遅すぎた。今度の敗北は下手すると、党が割れる可能性を含んでいる。鳩山やジャスコのような誰もが安心してタカれる資金力を示せる候補者がいれば大丈夫かもしれないが。

いつもどこかの政党が予想以上に躍進し、次の選挙で惨敗する。平成の選挙はその繰り返しである。民意は一つの方向を向いているのではなく、大きな流れになりたくて、氾濫する河川のように右に左に大きくうねっているように思う。いつか堤を壊してしまうように思う。それがどこかは頭の悪い私にはまだ見えない。

田中角栄首相のように、内にはひとに数倍する気配りをみせながら、一つの方向に向かってブルドーザーのように周囲を突き崩しながら前進するする政治家が、ずっと求められているのではないか。そう思い続けている。
日本が変わる予感はしている。

私は小泉首相の政策には賛成していないが、彼が危機意識を持つ数少ない一人であろうとは認めている。
次々に新しい目標を掲げて国民の気持ちを離さないままここに至る彼の手腕は、まれにみる好人物だが時代を読んだり、芯の通った生き方を示して時代を自分に引き込むことができない自派閥領袖や、受け身しかとれない野党第一党党首との力量の差を見せつける。
郵政民営化は首相の悲願だが、そればかりみてマスコミが油断していると、時期をみて隠し玉をまた打ち上げてくると思う。そうでなければ自身もまた地面に叩きつけられて無惨な屍をさらすことになると承知しているだろう。
独裁だのなんだの批判している連中は、彼が変人を表看板にしながら、内実は中曽根元首相に匹敵する風見鶏、民意を汲む力の持ち主だということを忘れている。
新しい政策をぶちあげては担当者を置き、国民受けする過激な発言をさせておき、時期を見て担当者ごと政策を置き去りにする。小泉政権の歴史はその繰り返しである。
安倍晋三氏にばかり目を向けていると、ポスト小泉を見逃すよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »