« AMDS | トップページ | あなたの共産党支持度がわかります »

日本社会で生きるということ

日本社会で生きるということ」阿部謹也著朝日文庫を読む。
山本七平の「空気の研究」は読みはじめでストップしたままなのだが、まずは”世間”から勉強する。
司馬遼太郎は「公」を云い、最近nagoyanさんのところでも取り上げられたが、少し関係するように思う。
世間という感覚と個人を対比させて面白い。個人が生まれる前の古い倫理として世間をとらえているようで、上の世代の感覚とはこんなものかと少しひねくれて読んだ。団塊あたりには耳に入りやすいか。惜しむらく、講演集のため、中途半端な入門編と講演場所に関する話題で終わってしまっている。世間についてはもっと深く知りたいので作者の別の本を読もうと思う。

実は「歴史と文化が日本をただす」と同時に借りて読んだ。
こちらは自国の歴史と文化に基づいた憲法を作ること、大日本帝国憲法の見直しなどを主張する。日本は決して個人が成り立つ前の古い世界じゃないということで、真っ向から対立する内容である。

|

« AMDS | トップページ | あなたの共産党支持度がわかります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41893/5382377

この記事へのトラックバック一覧です: 日本社会で生きるということ:

« AMDS | トップページ | あなたの共産党支持度がわかります »