« 伊藤正徳氏 | トップページ | たまには着物の話も »

お会いしたい

日本史を読むと様々な名字に出会う。

鈴木氏や和田氏は雑賀(さいか)党にその名がみえるが、珍名じゃないので、和歌山に限らず実際に出会うことに不思議はない。
他に、和歌山らしく紀氏の書き換えである貴志、岸は多かった。珍名では塙坂(はねさか)、垂井(たるい)、玉置(たまき)、丹生(にう)、宇治田(うじた)や吉垣内(よしがいと)なんて地元民でないと絶対読めないだろう名字があった。
中谷(なかや)、経ケ阪(きょうがさか)は和歌山出身ではないが四国や兵庫から来たと思われる。
九鬼(くき)、糟屋(かすや)、長屋(ながや)、丹羽(にわ)、加納、水野など史上有名な名字なので出会うとわくわくする。

長束(なつか)、<松浦(まつら)にも是非お会いしたいと思いながら果たせずにいる。
カルテに似た名前をみると必ずお聞きするのだが、いつも「ながつか」さん、「まつうら」さんである。

|

« 伊藤正徳氏 | トップページ | たまには着物の話も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41893/5562879

この記事へのトラックバック一覧です: お会いしたい:

« 伊藤正徳氏 | トップページ | たまには着物の話も »