« あなたの共産党支持度がわかります | トップページ | お会いしたい »

伊藤正徳氏

この人の著作を読んで、歴史観が変わったのみならず、人生観が変わったかもしれない。

それまでも単純な戦争反対、平和論には賛成していなかったが
明治生まれの曽祖父の云った、資源豊富なアメリカと戦争して勝てるわけがなかったという意見を信じ込んでいた。
伊藤氏の著書を読むと、日本海軍の猛攻にアメリカ海軍は徳俵に片足を乗せるくらいまで追い詰められていたことがわかる。
豊富な資源・巨大な軍事力どころか、新しい花形兵器である航空機を運用するための空母が1隻も活動できなくなっていた時期すらあった。
以前も書いたが、私はアメリカ軍を職業軍人ではなく百姓が雑草・害虫にむかうような戦い方をする軍隊だと嫌っていた。しかし、彼の著作を読んで、強靭で健全な精神力を持った人々だったと少し考えを改めた。

日本国軍は四百人から始まった。その他は藩兵・私兵であった。司馬遼太郎氏が勝安房を幕末ただ一人の日本国民と呼ぶように、その四百人も国民意識、国軍意識をもっていなかった。
徴兵制と靖国神社によって肉体的にも精神的にも国軍を創設し、日清・日露に勝つことで、日本国という意識を国民に広く植え付けることに成功した。余談だが、私は個人としては靖国神社を好いてはいないが、日本人が生まれる基となったという意義は肯定的にみている。
軍閥と政治家は維新後その道を別ったが、興国という目的にむけて協力していった。その努力には敬服する。

「軍閥、その人を得て、一小国を大国に導き、その人を誤って之を失う。そうしてこの盛衰得喪は、同じ日本人の手によって為されたものである。そこに多くの大なる歴史的反省がなければならない。」
軍閥興亡史の一言であるが、至言である。
歴史的反省とは驕り、油断、甘えがどこにあったかを考えることであろう。


ただ
軍人は政治に参画すべきでないという彼の主張は19世紀としては100%正しいであろう。
しかし、20世紀・21世紀の民主主義という国家形態は軍人もまた主権者として政治に参画する義務を負うことになると思う。
どの様な形をつくる必要があるのかは、私はまだ確たる意見をだせていないので申し訳ない。

私は全てのものに長所と短所が存在すると考えている。
だから、平和にも短所を捜すし、民主主義にも短所を捜す。
過去において君主やその代弁者たる政府を攻撃するテロは、市民より為政者・君主一族が対象となった。民主主義政府においてテロの対象は市民全員である。
非戦闘員・プロの戦闘員の区別は民主主義国においてどこまで可能であろうか。女性も老人も主権者であり、戦争遂行の意思と責任を負う。
民主主義の上に存在する戦争という概念は、君主制や封建制下の戦争とは違ってきて当然だと思う。近年戦争がより広範囲に、より悲惨になることをただ非難するのではなく、何故という問いかけをする必要があると思う。
てなことをつらつら考えてる。
虚無や無政府主義に陥らずにすむためには民主主義より立憲君主制のほうが健全かとも考えてみる。

|

« あなたの共産党支持度がわかります | トップページ | お会いしたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41893/5267074

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤正徳氏:

« あなたの共産党支持度がわかります | トップページ | お会いしたい »