« 無邪気な年頃 | トップページ | 耽美な世界 »

獣医科

獣医師の続きとして。
アメリカと違って、日本では獣医師という資格は臨床獣医師と獣医科学者を区別しない。
大学教育も、臨床に特化したわけではなく、動物を使った基礎学問から公衆衛生まで幅広く行われる。
ただ、限られた時間内に幅広いことを身につけるには限度があり
現在、臨床技術の向上の為に、産業動物獣医師にはインターン制に似た制度を用意しているが伴侶動物には、動物病院に勤務しながら各種セミナーに参加することで一定のレベル以上の実力を身につけるしかない。
現在はどこの大学も伴侶動物臨床に力を入れているようだが
15年前には関東一円の私立大学には優れた臨床教育者が揃っていて、優秀な学生が在学中から各種セミナーにも参加していたが
国公立や地方の大学では教育者も授業時間も不足していて、大学を卒業したくらいではAHT(動物看護士)にも及ばなかった。私のいた大学には図書館に犬猫用の専門書が揃ってなかった。
基本中の基本であるPOMRと略される診察手順のことすら卒後知った次第。
今は当時ほど大学格差もないであろうが、基礎獣医科学に力を入れている大学、国家公務員上級職養成大学、産業動物臨床に力を入れている大学など、目的に応じて入学する大学を決めてほしい。有意義な6年間になるように

|

« 無邪気な年頃 | トップページ | 耽美な世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41893/5096219

この記事へのトラックバック一覧です: 獣医科:

« 無邪気な年頃 | トップページ | 耽美な世界 »