« 同業者のblogがでた | トップページ | 歴史公民教科書を読む »

音楽の質問に答えて次の5人にバトンを渡す

くまりんさんからWEB版ねずみ講のお誘いが来た。こういう選択は趣味がばれるだけでなく、思想の深さ、ユーモアと交遊の広さが問われる。さて困った。
悪趣味の披露を世代論に絡めてみる。音楽はこれといった趣味はなく、中古CDショップでふと目に留まるジャケットを買う。いいかげんの割には結構いいものにあたる。それで気に入った人を集める。そうしてコレクションが増えた。ここには挙げていないが、ベット・ミドラーのローズなど、輸入版を映画のサントラと思わずに買った。彼女の出ている映画のビデオを借りたり、彼女やジャニスのCDを聴いたのはそれからであった。前のHPのプロフィールに好きな歌手をアマリア・ロドリゲスと書いたが、彼女も新星堂の店頭で適当に買った1枚からである。素敵な出会いを求めてというとちょいと気障かな。先の人に比べるとずいぶんレベルの下がった選択で申し訳ないが、次の人にもう一度持ち上げてもらおう。

1.PCに入っている音楽ファイルの容量
サンプルとしてソフトに元々あったもの以外入っていないです。窓95の入ったPCを初めて買ったときCDから数曲入れたこともありましたが、CDをそのまま聴けばいいのでやめました。携帯には目覚まし用に数曲入れています。

2.今聴いている曲
デリケートに好きして:太田貴子
PCではなくて携帯の着メロ。若かりし頃にはまったアニメの主題歌です。
世界に拡がったOTAKU文化は千と千尋ではなく、UFOロボグレンダイザーやAKIRA、うる星やつら、甲殻機動隊ポケモンセーラームーンで語られると思いますが、日本におけるおたく文化はうる星やつらから幻夢戦記レダ、ミンキーモモ、クリーミーマミという流れで一般社会に拡がったと思います。大人による大人の為のアニメーションの試みは虫プロのアニメラマ、清順組が参加したルパン三世や恩地監督の地球へなど幾つもありましたが、単品で評判になっても類似品が続かない。今回はCDの話なので、これ以上は後日べつの形でエントリーします。オタキング岡田さんの様な開拓世代ではないですが、おたくが異様な集団から一般化してゆく時代を観てきたということでこの曲を挙げます。

3.一番最近買ったCD
井上喜久子のまんぼう放送局
果たしてここに挙げるものかどうか迷いましたが、即興っぽい唄は入っているから音楽CDとしてもいいでしょう。これはHP@manbowをみて彼女のことが気になっていたのでネットオークションで落札しました。DVD”帰ってきたお姉ちゃんといっしょ”も無邪気な笑いに満ちていていい。私の世代の特徴としてアニメ関係から2つ挙げました。

4.よく聞く、または自分にとって大きな意味のある5曲
昭和円舞曲 鈴木一平
3rdLP”北駅”からの1曲。”ひとり唄”とともにカセットテープをオートリバースにして下宿で酒を呑みながら眠るのに最適な唄でした。鈴木一平、村下孝蔵、中島みゆき、BORO、REBECCAなどが大学時代の思い出です。平成ももう17年、昭和を知らない世代が社会に出てきます。昭和枯れすすきと昭和円舞曲、昭和食堂昭和村、昭和という時代がノスタルジックに語られる時代になったということでもう一度聴きたい唄です。

・裸樹 堀内孝雄
この曲を知る世代はすごく狭いと思います。演歌でもなくニューミュージックにしてもちょっと違う、今の堀内孝雄さんとアリスのべーやんを繋ぐ曲ですが、いい曲だと思うのですがねぇ、CDを捜すのに苦労しました。高校時代この曲でスリーフィンガー奏法を練習しました。

雨に描いたリグレット 彩恵津子
英字題がHis Regret私でも貴方でもなく、三人称で恋人を呼ぶ。その微妙な距離がうまいなぁと思います。これも適当に買ってはまった曲です。彼女は後年ガンダムシリーズの主題歌を歌っていまして驚きました。

・TANDEM ヴァネッサ・パラディ
素直にゲインズブールを挙げないところが隅田らしいでしょ。いえいえBBやジェイン・バーキンを擁して一時代を築いたのは私が生まれる辺り、私の青春時代と重なるのはバネッサでしょう。でも彼女ももうフレンチロリータじゃないですね。

・カントリーガール 谷山浩子
彼女がオールナイトニッポンのDJをしたのは深夜ラジオが若者に特別な意味を持っていた時代のしっぽでしょうか、当時の彼女には紀勢本線を舞台にした”テングサの歌”という曲もありますが、ここは私がYMOと共に初めて買ったレコード曲を挙げます。ちなみに番組は近年CD付き食玩として発売されましたが、初期・全盛期中心で浩子さんは入っていませんでした。

と、こんなところで如何でしょうか。

5番目のTB先は公開しないでおく。blogには何でもありの日記や雑記もあるが、サッカーや着物といったテーマを絞ってエントリーしている処も多い。特に知己の少ない私が5人も選ぶとなると音楽の話が場違いなblogに無理にTBせざるをえない。いちいちメールで確認をとってからTBするのも何のためのTBかという話になるので、TB返しがあれば了承のしるし、TB返しが無く、むこうでTB記録を抹消すればそのblogにふさわしい話題ではなかったという印とさせていただく。
悪意はないにせよ一種チェーンメイルみたいなものだから、隅田らしくもなくちょっと弱気になる。

|

« 同業者のblogがでた | トップページ | 歴史公民教科書を読む »

コメント

●隅田さん、おはようございます。
Com Que Voz (Amalia Rodrigues)
http://music-review.info/article/11123591.html
へのコメント及びTBありがとうございました。

旬を過ぎたアーティストというと、声の張りや潤いはなくなっていますが、その分経験からくるのでしょうか、深みや味わい深さを備えている事が往々にしてありますよね。この作品でのアマリア・ロドリゲスも正にそれにあたるのではないでしょうか。ファドの豊かな情感を表現するのにふさわしい味わい深い歌声は多くの方の琴線に触れることかと思います。

投稿: ponty | 1月 07, 2006 08:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41893/4697256

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の質問に答えて次の5人にバトンを渡す:

» [谷山浩子] [サウンドマニア]
Sponsored Links bgColor=#ffffff border=0> href= [続きを読む]

受信: 6月 26, 2005 20:22

» うる星やつら [映画&DVD]
うる星やつら『うる星やつら』(うるせいやつら)は、「週刊少年サンデー」(小学館)に1978年から1987年にかけて連載された高橋留美子のギャグ漫画、およびそのアニメ化作品である。漫画、アニメの分野で「ダーリン」という言葉を用いた最初の作品と言われている。主人公はラムだと思われがちだが、実際の主人公は...... [続きを読む]

受信: 7月 11, 2005 05:52

» Com Que Voz (Amalia Rodrigues) [楽しい音楽を聴く♪]
World-Portugal-Fado : ★★★★★ Com Que Voz 今こそ聴きたいアマリア・ロドリゲス。 アマリア・ロドリゲス、1987年の作品。 ポルトガルはリスボンとコインブラ二つの都市に根ざしたファド。ラテン語のFATUMが語源となったといわれるFADOが歌うのは、ポルトガル語特有..... [続きを読む]

受信: 1月 06, 2006 13:20

» アマリア・ロドリゲス(Amalia Rodrigues) [楽しい音楽を聴く♪]
アマリア・ロドリゲス(Amalia Rodrigues)ファド歌手アマリア・ロドリゲス(1920~1999)はポルトガル首都リスボン に生まれた。両親はポルトガル中東部出身で、少女期は貧しい 生活を余儀なくされた。しかし将来の大歌手は幼少期からその 片鱗を見せていたのか良く歌を覚え歌う..... [続きを読む]

受信: 1月 17, 2006 17:50

« 同業者のblogがでた | トップページ | 歴史公民教科書を読む »