« もって他山の石と | トップページ | 三國連太郎・沖浦和光対談集「芸能と差別」の深層(人非人より4) »

“百人斬り”裁判 勝利判決をめざす決起集会

宮崎正弘氏のメルマガ「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」はバックナンバーを公開していないのが残念ないい記事が多い。
小泉首相の旧田中派つぶしに関するまとめも面白いが、もっと興趣ある記事は

“百人斬り”裁判 勝利判決をめざす決起集会

6月3日 午後7時(開場六時半)
文京シビック 小ホール(地下鉄「後楽園」あるいは「春日」駅、JRは「水道橋」)
 講師  黄文雄、宮崎正弘、向井千恵子、稲田朋美ほか
入場   無料、予約不要。

これは5月18日に裁判の結審があったこと(これすらこのメルマガで知った)をうけてのことだと思う。
百人斬りについては、私は常識的に虚報であるとの見解をとる。据えもの切りの記録を調べれば、短期間に百人を軽く越える人間を斬ることの難しさは容易に察することができる。それも名人山田浅右衛門が国宝級の名刀で斬ったわけじゃない。人数が問題じゃない殺人行為が問題だという意見は、記事の信憑性が問われる裁判の意味を理解していない意見である。殺人行為をした兵士はいくらでもいる。被害者が死刑になったのは百人斬りのためである。本の出版以後ご家族が更に哀しい思いをしたのも、常人には不可能な殺人鬼、大陸での非道の象徴とされたからである。他人を貶めることで自分をより高いレベルにおこうとしたえせ人道主義者が今更いいわけするもんじゃない。
戦後に記事をとりあげて提灯記事を出版した本多勝一という人の貧困なる精神については、ネット上で検索していただければ幾らでも出てくると思う。鬼畜とはこの様な人間のことだと思う。左翼思想、人権運動家、平和運動家には意見を異にしても敬意を払いたいひとが多い。一部問題のある発言・行動をするとしても、私は批判と評価を両立させる。しかし、彼らの中に潜む寄生虫については軽蔑しかない。一部にまともな意見があっても、擁護してはいけない存在だと思う。
仕事があって参加できないのが残念だ。当日の模様をメルマガで教えていただくのを楽しみにしている。

ps.
経過のわからない人は
http://homepage3.nifty.com/kyoho-enzai/boad/contents/E0700mn.html他をご参照ください。
ついでにこちらもhttp://d.hatena.ne.jp/claw/20041002あげときます。ちなみに、私は南京で何があったとしても、その責任の第一は反撃策を持たずに徹底抗戦を決めた蒋介石にありという意見です。これって”なかった派”でしょうか?

|

« もって他山の石と | トップページ | 三國連太郎・沖浦和光対談集「芸能と差別」の深層(人非人より4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41893/4283464

この記事へのトラックバック一覧です: “百人斬り”裁判 勝利判決をめざす決起集会:

« もって他山の石と | トップページ | 三國連太郎・沖浦和光対談集「芸能と差別」の深層(人非人より4) »