« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

帰省

一年ぶりに帰省した。名古屋と違って無理なく日帰りできるのが有り難い。
桐蔭高校で国語を教わり、創作部(文芸部)の顧問として指導いただいた田村南�告謳カは、本をだしたり南画をものにされていた方であったが、先生の遺作展にゆくのが今回の目的であった。
連絡をくれた同窓生は別の日にお伺いしたようで、今回は会えなかったが、先生が極楽で手配されたか、別の2人に偶然出くわせて、待ち合わせた友人と4人のプチ同窓会になった。
文芸部員といっても、それまで何も書いたことが無く、高校時代は原稿用紙5枚ほどの短編すら書けなかった。桐蔭文芸本誌の1/4くらいを広告で埋めて、もう一冊部誌をだせる黒字をだしたくらいが実績であろうか。
部誌をだすにあたり、原稿用紙1枚くらいのものしか書けなくて、それまで書いたものを全部先生にみせたところ、昨年話題の朔太郎の名前の由来である、萩原朔太郎を教えていただいた。
幾つかのテーマを持って単文を連ねてゆくという方法は、その時以来で、このblogも実は日記というより数冊分の素案の寄せ集めのつもりでもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お引っ越し

転職(といっても臨床獣医師は変わらないが)に伴い、名古屋から摂津に転居した。
バンを借りての深夜早朝の名神高速の経験は、それはそれで一つ書けそうなものがあったが、それは機会があれば別に書くとして
ここに来ていただく数少ない皆様にお引っ越しの挨拶をさせていただきます。
メルアドも携帯番号も変わらぬし、土日にオフ会があれば名古屋に行きますんで、今後ともよろしゅう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »