« 同期 | トップページ | 川本喜八郎監督 »

ちょっとした欲望

二十歳の頃にたてた人生の目標は、60歳をめどの悟達であった。仏門に入る気も新興宗教を立ち上げる気もなくなったが、おおまかには路線変更しないでいる。
小川圧司氏のblog「俳優業、3日やったら...。」にハングリー精神と題して、落ち着く歳になって改めて人生に欲望がでたことが書かれているが
若い頃の夢と、中年になっての目標は少しありようが違うように思えた。
ハングリー精神と小川氏は呼ばれるが、自分に何もない飢えではなくて、自分がみえてきたあとで、更に求める気持ち、人生の最後をもう少し上にあげたいという欲望である。
他人をうらやむ気持ちや、他人に負けまいとする気持ちではないから、幼少時に聞いたタイガーマスクの歌詞にあるハングリー精神とはちょっと違う。
私も不惑をこえて本厄になろうかというこの歳になって、解脱以外の欲望がでてきた。
まだ声にだすまでには至らないが、もう少し固まったら友人には云おう。

|

« 同期 | トップページ | 川本喜八郎監督 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41893/2638508

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとした欲望:

« 同期 | トップページ | 川本喜八郎監督 »