« 月刊中村敦夫新聞 | トップページ | 日本の貴婦人 »

靖国神社

私は小さい頃に曾祖父に連れられて、近所の護国神社にいったことはあるが、
以後、護国神社にも靖国神社にも参拝したことはないし、今後も何か用がなければ境内に足を踏み入れるつもりはない。
戦病死した祖父は爪と髪の入った骨壺が累代の墓の下、祖母の横に安置されているので、祖父の供養はわが一族の墓で行っている。
私は寺社巡りが趣味ではあるが、それは寺社の建立理由や建立場所などの歴史を思わせるからであり
靖国は普通の寺社とは性格が異なっているうえ、まだ日が浅く、歴史とは云えない。

とはいえ、アジア侵略だの韓国併合にからめようとする馬鹿者とは一緒にしてほしくない。
参拝したい人は参拝すればいいと思う。
閣僚人事や選挙がらみでいきなり参拝を始める政治家は軽蔑するが
日頃から参拝している人が、閣僚になったからと中止する理由はないと思う。
ましてや、他人がとやかく云うことじゃない。大使館に抗議するなど頭がおかしいか、目的があっての難癖である。

私見であるが
靖国神社は旧称東京招魂社。明治2年に戊辰戦争時の官軍兵の霊の祭祀を、藩や一族からとりあげ、国によっておこなうことにより
藩兵・私兵の集合であった官軍を精神的にも国軍になおし、日本国という意識を国民に植え付ける目的で作られた。
廃藩置県や廃刀令と同じく、幕藩政治から、帝国に変わるための政策の一つと考えている。
戊辰戦争で斃れた人達を祀るために創建された。という公式HPの文章が嘘なのは
清水における幕府海軍死者や、函館の奥羽列藩同盟軍死者の埋葬が禁止されたことからわかる。
世界中の無名兵士の墓もまた、同じような目的で作られている。
また建議した大村益次郎は合理的すぎるくらい合理的な精神の持ち主である。
朝鮮出兵など、招魂社ができて何年あとの話であろう。征韓論もまだ後の話である。

|

« 月刊中村敦夫新聞 | トップページ | 日本の貴婦人 »

コメント

これは、5日に下書きを始めたが、推敲の上アップしたのは13日である。もう少しいじりたい気がするが、後日別項にすることにした。

投稿: 隅田 | 8月 13, 2004 20:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41893/1123815

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国神社:

« 月刊中村敦夫新聞 | トップページ | 日本の貴婦人 »