« 下記に追加して私の見解 | トップページ | 靖国神社 »

月刊中村敦夫新聞

本日届く。
12月でこの新聞も休刊になるという。
この号は選挙の総括をしているが、まだ甘いと思う。
かっての全国区と違って
比例区では、最初の一人を当選させるために必要なハードルはとてつもなく高い。
先年の白川勝彦元議員の選挙結果も、みどりの会議と同じであった。
個人一人か二人が突出した集票力を持つだけでは如何ともしがたい。
かっての参議院は個性の強い無所属議員、党の方針を無視して信念を主張する議員が並んでいたが
何度も彼らに苦汁を飲まされた社民党と自民党の二大政党が協力して作り上げた選挙制度だけのことはある。
第三極を口にする以上、個人で努力することを考えるのではなく
当選するための戦略として、候補者を2-3人に絞り、
社民党や共産党などの既成政党と選挙のための野合をせねばならなかったと思う。
当選後は解散し、それぞれの信念に基づいた活動をするが、選挙の時だけは会派を組む。
第三極が選挙に勝つための手段としてそういう野合が必要なんだ。
個人名で投票してくれれば、自分たちの仲間は当選できる。
そういう主張をきちんとして、選挙にのぞむ覚悟が必要であったと思う。
そのくらいの泥をかぶる覚悟がなくて、日本を動かすことなどできはしない。


|

« 下記に追加して私の見解 | トップページ | 靖国神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41893/1105738

この記事へのトラックバック一覧です: 月刊中村敦夫新聞:

» ●女性のための政治スクール第11期受講生募集! [円より子 Blog]
私が校長を務めております、「女性のための政治スクール」(顧問:細川護煕、名誉校長:細川佳代子)は、今年11年目を迎えます。同スクールは超党派で運営しており、これ... [続きを読む]

受信: 2月 16, 2005 17:40

« 下記に追加して私の見解 | トップページ | 靖国神社 »