« 寺社巡り | トップページ | 鯖を読む »

空虚な文章

”天木直人・マスメディアの裏を読む”
これは空虚な文章のいい例です。


一つのサブタイトルの下に、互いに関係のない話題が3つも4つも入っていて、最後の全体の総括部分らしき段落はサブタイトルと違う内容になっていることすらある。
各段落は、起承転結ではなく、秀才にありがちな、頭の中でくだくだした説明を抜いているから、起結・起結・起結と並んで読みづらい。
それぞれの短い文章は格好いいが、全体としてまとまらない。
結局なにが云いたいの?

例えば

”日本を覆う閉塞感を打開するのは声をあげることだ”

という一文があるが、その後ろに皆さんどういう声をあげているかの例が一つもない。
この日の結文は

”我々にでもできることはある。勇気をもって権力者の悪事に声をあげることである。
報道をみながら彼らのイカサマを監視する事である。

それは誰にでもできることである。”

と同じ文章の繰り返し。わかったから、その先の進もうよ。
官庁に抗議メールするならHP紹介しなさい。天木さんのblogでみたたんだけどって皆さん書くから。
WORLD PEASE NOWなど、目的にあったHP紹介して、皆でピースウォークしようっていうならそれもいい。
いいHPがないならご自分でHP作って掲示板の意見をまとめて官庁にもってゆきなさい。
それとも、書くだけは書いて格好はつけるけど、具体的な動きがでても責任はとりたくないから、それ以上何も書かないのかな。それって天木さんが”監視”しなさいと書いたマスコミ特にasahi.comが最も得意とするイカサマ手法なのだが。

初めてblogに文章を載せた初心者が書くなら、これからに期待するといって終わりますが、
本を数冊上梓した人がこれでは虚しいだけです。おそらく二度といきません。
皆さんも文章作法の反面教師としてください。
これは私がリンクしている四方山閑話さんのリンクにあったのですが、彼のほうがよっぽどいい文章を書いています。

最後に、実際にペンで飯を食ってきたプロの文章との似て非なる部分を感じてもらいましょう。
サブタイトルと内容に関係がないことは、これだけ毎日繰り返せば彼流の遊びとして成立するし、内容が幾つにも別れようと、きちんとしたサブタイトルが存在しないために責められない。それでいて全体に、テーマによっては数日に渡り、文調に統一性を感じさせる。
どないだす?

|

« 寺社巡り | トップページ | 鯖を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41893/1303682

この記事へのトラックバック一覧です: 空虚な文章:

« 寺社巡り | トップページ | 鯖を読む »