« 部落差別 | トップページ | 8月15日にむけて »

テリー伊藤という感性

「お笑い日中戦闘宣言」「お笑い日韓決別宣言」を読む。
テリー伊藤氏は優れた知性と理性、感性を持った人だと思う。
対談者選びの妙、突っ込む処とそれ以上突っ込むと危険な処のわきまえ。
愚民の笑いという表題で、他の人にはできない疑問を相手にぶつける。

海峡は越えられるか―日韓歴史論争
これでは困る韓国―ニューカマー韓国人の対話
街道をゆく (40)台湾紀行
日韓理解への道

などと比較すると、その感性の優れた点がひかる


|

« 部落差別 | トップページ | 8月15日にむけて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41893/1055283

この記事へのトラックバック一覧です: テリー伊藤という感性:

« 部落差別 | トップページ | 8月15日にむけて »